我が家の2代目うさぎルイ(ネザーランドドワーフ)の成長記録と             お月様に帰った初代うさぎミスター(ミニウサギ)の思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ旅行 ハーグ編他

今回の旅行で、一番行きたかった美術館です。
ハーグにある、マウリッツハウス王立美術館。
フェルメール作品の中でも特に好きな、『真珠の耳飾の少女』と『デルフトの眺望』の所蔵館です。
レンブラントの『テュルプ博士の解剖学講義』もあります。

ちょうどフェルメールの特別展会期中だったので、他に3枚も見ることが出来ました。

IMG_5553.jpg

左が美術館、右がビネンホフ(国会議事堂)です。

IMG_5550.jpg

フェルメールの故郷デルフトです。
マルクト広場にある、新教会の鐘楼に上ってきました。
高さ108.75m、356段を上りきった頃には、足が笑うどころか大爆笑で大変でした。


IMG_5575.jpg

頂上からの景色は、天気も良かったので素晴らしい眺めでした。
左下の建物が市庁舎、右が旧教会です。


IMG_5593.jpg

マルクト広場の隣にある、フェルメールセンターです。
フェルメールの歴史や技法などが展示してあります。

IMG_5570.jpg

オランダ=風車のイメージが強いので、風車を見にザーンセ・スカンスへ。
ここの風車は今も、油を絞ったり、マスタードを挽いたりと活躍中。


IMG_5458.jpg

郊外へ行くと、電車から眺める景色は、どこまでも広く綺麗です。
山が全くなく、改めてオランダが干拓地であることを実感しました。


IMG_5633.jpg

これでオランダ旅行記を終わります。
長々と、お付き合いありがとうございました。




ランキングに参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オランダ旅行 ユトレヒト編

ミッフィーの生まれ故郷であるユトレヒトに行きました。
アムステルダムから電車で約30分の距離です。


ドム広場にあるドムタワーで、街を歩く時の目印になります。

IMG_5425.jpg

ディック・ブルーナ・ハウスです。

IMG_5358.jpg

中に入ると、黄金のミッフィー像がお出迎えしてくれます。

みすたどん父さんと比較すると分かりますが、とっても大きいです。

黄金のミッフィ

世界各国の絵本が集まる読書室です。
当然のことですが、ミッフィーの本名は、『ナインチェ・プラウス』なので、オランダでは
『ナインチェ』でないと通じません。

IMG_5365.jpg

ディック・ブルーナさんの生い立ちを辿った部屋です。

IMG_5368.jpg

インターナショナル・ルームと呼ばれる、ゲームなどが出来る部屋。

IMG_5405.jpg

ミッフィーの家もあり、子供達が夢中で遊んでいました。

IMG_5373.jpg

2階は、ブルーナさんのデザインしたポスターなど、アーティストとしての作品と、初期の頃の絵本の原画などが展示してあります。

IMG_5376.jpg

いろんな絵本の原画が飾られています。

IMG_5389.jpg

ミッフィーもいました。

IMG_5396.jpg

日本で発行された、ふみの日の切手です。

IMG_5398.jpg

ミュージアムショップでは各国の絵本から雑貨まで。

IMG_5418.jpg

駅への帰り道に見つけた信号機です。
よく見ると、表示がミッフィーになっています。


青信号は、歩くミッフィーです。

イベント参加希望の方は、7月25日(日)までに、コメント欄に『感謝祭』と書いて下さい。
抽選により、記念品を贈りたいと思いますので、皆さんの参加をお待ちしています




ランキングに参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
にほんブログ村

オランダ旅行 アムステルダム編

みすたどん父さんの1週間の夏休みを利用して、みすたどん母さんの目標である、『フェルメールの絵を全部見る』を達成するために、オランダへ行って来ました。
格安航空チケットを利用したので、往復共に台湾1泊、タイ経由。
そのため、オランダ滞在は3日間になりました。


オランダのスキポール空港から、アムステルダム中央駅に移動。
この駅は、東京駅のモデルになったといわれています。

IMG_5333.jpg

トラムの工事中で、駅の外観を全部見ることが出来ませんでした。
それより驚いたのが、自転車の数の多さ!
駅前は、見渡す限り自転車で埋め尽くされています。

IMG_5438.jpg

ホテルは、駅から車で20分くらいの静かな路地にありました。

アムステルダム ホテル

市内の移動は、このトラム(路面電車)で。
5分おきに来るので、乗り過ごしても心配がありません。


IMG_5504.jpg

初日は、レンタルサイクルで市内を巡りました。
自転車専用道と信号が整備されていますが、右側通行なので最初は戸惑いました。

運河の向こうに見える建物は、エルミタージュ美術館別館です。

橋と自転車

アムステルダム国立博物館です。
フェルメールの『牛乳を注ぐ女』、『小路』、『恋文』、『手紙を読む青衣の女』が所蔵されています。
レンブラントの『夜警』、『布地組合の見本監査官たち』も見ることが出来ました。

IMG_5342.jpg

長期大改修中で、正面はほとんど見ることが出来ませんが、建物の裏はこんな感じです。

IMG_5348.jpg

国立博物館の隣のにある、ゴッホ美術館は開館前から長蛇の列。

ゴッホ美術館

国立博物館裏のミュージアム広場の向かいにある、コンセルトヘボウという劇場です。
ドレスコードがなかったので、夜にオーケストラコンサートを聴きに行きました。


IMG_5349.jpg

夜の9時くらいまで外が明るいので、時間の感覚がずれてしまい、気付くとかなり遅くまで街を歩いていました。

夜景



イベント参加希望の方は、7月25日(日)までに、コメント欄に
『感謝祭』と書いて下さい。

抽選により、記念品を贈りたいと思いますので、皆さんの参加をお待ちしています


ランキングに参加しています
ポチッとお願いします
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
にほんブログ村
カレンダー
あと何日?
アクセス数
最新記事
ランキング
応援よろしくお願いします にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフ

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
ブログ村 新着記事
月別アーカイブ
うさぎさんプロフィール
ルイ(ネザーランドドワーフ)
          
うさぎさんプロフィール
ミスター(ミニウサギ)
     
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク(ブログ・ショップ)
おすすめ商品(楽天市場)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。